新型コロナウイルスへの企業の実務対応~企業規則他のルール作り~

昨年より「働き方改革」が始まり、今年のコロナによるテレワークの導入により「働き方」「業務の方法」「組織体制」が大きく変わりました。
ウィズコロナ、アフターコロナにおいて「出社が前提の時間管理」「業務の進め方や報告・共有の仕方」「情報管理」「個人の働くペース」「目の前で見ているからできる評価」を見直し、変化に対応したルール作りが急務です。
過重労働・精神疾患、未払残業などのリスクを回避し、「目の前にいない社員をどう管理するか」は「共通のルールをどう作っていくか」になります。その上できちんとルール化することで社員は安心して勤務し、成果を上げることが可能になります。
講師は、中小企業向けの労務管理・職場改善のコンサルティングを行い、20年超の現場経験を持つ宮子智子氏が行います。
「ウィズコロナ、アフターコロナ」の視点から顧問先の組織体制や業務改善を今まさに進めている現在進行形の事例をお知らせします。

1 日時 令和2年9月2日(水)14:00~16:00
2 会場 中野地域職業訓練センター(中野市大字中野1457 TEL:0269-23-3005)
3 セミナーの内容
  ①働き方改革関連法の改正内容 ~概要とスケジュール
  ②コロナの新しい生活様式による働き方改革 ~企業が取り組むべきこと
  ・コロナで何が不便、不都合だったのか
  ・テレワークについて ・リスクから考える
  ・急務な管理、報告体制、成果の測り方
  ・コミュニケーション不足からくる、ロイヤリティが低くなる社員の人事管理
  ・社員の健康管理 ・副業や兼業の取扱
  ③今後の就業規則、ルール作りとは ~適切なルールは社員が働きやすい環境創りになる
4 講師 宮子智子 氏
(㈱M&C 代表取締役、社会保険労務士、産業カウンセラー、DCアドバイザー、ファイナンシャルプランナー)
5 定員 15名(先着順)
6 受講料 無料
7 問合・申込先  信州中野商工会議所 中小企業相談所
 TEL:0269-22-2191 FAX:0269-26-7007 MAIL:sodan@nakanocci.or.jp

チラシダウンロード→コロナウイルス対応企業の実務セミナーチラシ